MP_art is an acronym of the artistic couple [Maja Budzarov and Predrag Sidjanin] who regard their joint work as more important than collecting artistic biographies – ‘art consists of art alone, not artists’. Starting to live and work together in January 2003, they decided to reject their previously earned personal histories, the work under their own personal names as well as they reduced the mediums of their previous research. They focus on exploring mutual emotions and intimacy through a primarily physical (performance art) and meditative (painting/text/color) expression. In their work they equally use their bodies, photography, text, video, the Internet, and occasionally combinations of new media with different classical materials (paintings, ceramics and glass). Their works usually have a strong reference to the place, time and physical/meditative context in which a personal experience of intimacy and privacy reflects upon the universally recognized and accepted phenomena. Their artistic practice/strategy is based on closeness and directness, on interaction and liberation from ideological restraints imposed by mass communication, on the aesthetics of a personal attitude towards the world, post avant-garde and conceptual art experiences in the social context of the current moment, which they are openly critical of.

Translation: Marcus Richardson

 

MP_art  とは、芸術家のカップルであるマヤ・ブジャロブ氏とプレドラグ・シジャニン氏の頭文字から成る。彼らは、芸術的な業績を集めることよりも、「アートなるものはアーティストとは関係なく、アートそのものとして存在する」という考え方に重きをおいて、共同で活動している

2003  年1月に共に生活をし始めたとき、二人はそれまでの自身の個人史や業績、そして研究の媒体などをすべて廃棄して共同で活動することにした。彼らの芸術家としての活動は、主に物理的な「パフォーマンスアート」と瞑想式(絵、テキスト、カラー)の表現を通じて、相互の感情と親密さを探索することに焦点を当てている。

彼らの作品には、肉体、写真、テキスト、ビデオ、インターネットが均しく使われているが、他にも場合に応じて新たなメディアに古典的な材料(絵画、陶芸、ガラス)を調合して使うこともある。

彼らのアートは大抵、場所や時間、また親密さやプライバシーに関する個人的な経験が、普遍的に認識され受け入れられた現象へ反映したものという肉体的/瞑想的なコンテクストと強い関連がある。

二人の芸術的な活動の策略と実践は、親密さと率直さに基づいている。それは、マスコミによって広まってきたイデオロギーの拘束からの解放を訴えており、また世界に向けての彼らの個人的な態度やポスト・アヴァンギャルドにも通ずるものである。彼らはコンセプチュアル・アートの経験から見た現在の社会を公然と批判しているのである。

Translation: Milan Velickovic